妊娠中にしてほしい安産灸

8c1cfdca0b8a792b7448cd9827c3cef0_s
30分で学べるシリーズ
Pocket

こんにちは!
花野 桃子です。

前回の記事

今日は妊娠中、産後のケアについて

妊娠中のトラブルといえば
・悪阻!
・逆子!
・お腹の張り!

ほかにも細かく言うと
出てきそうですが
よくあるトラブルはこの3つではないでしょうか?

悪阻はどうして起こる?

悪阻の原因はいまだに
解明されません。

悪阻は多くの方が
妊娠初期から安定期に入るまで起こります。

なので家族以外に言えない時期だったり
仕事をしている時期でもありますね。

逆子

逆子も実は
原因がいまだに解明されていません。

逆子は32週の時点で
帝王切開の予定が決まるそうです。

お腹の張り

妊娠中は
お腹のはりが頻繁に起こります。 
(起こらない人もいます)

この張りは子宮収縮です。

張る理由としては

・冷え
・疲労
・目の使い過ぎ
・ストレス
・便秘

などがあります。

セルフケア

妊娠中は様々な
原因不明な不調が出てくるのです。

そこで、私がオススメしたいのが

8c1cfdca0b8a792b7448cd9827c3cef0_s

【安産灸のセルフケア】です

実は悪阻、逆子、お腹の張りは
お灸で楽になることが多いのです。

妊婦さんにもお灸は有効!

実際安産灸を継続して
行っていた妊婦さんは
病院についてすぐ生まれた
という方が多いのです!

とくに臨月になると
病院に行くのも一苦労ですよね。

でもお灸は自分で
ケアもできます。

お腹が大きくても大丈夫!!

副作用もありません。
(これ大事!)

生まれてくる赤ちゃんのためにも
妊娠中から安産灸の
セルフケアをしていきましょう。

次回は産後のケアについて
お話をします。

こちらもオススメ記事
↓↓↓

ピックアップ記事

関連記事一覧

カテゴリー